本木 克英 (もとき かつひで)Katsuhide Motoki

1987 年助監督として松竹入社。森崎東、勅使河原宏、木下恵介などの巨匠に師事し、米国留学、プロデューサーを経て、1998年「てなもんや商社」で映画 監督デビュー。以後、撮影所システム最後の世代として多数の娯楽映画やテレビドラマを最前線で監督する。2017年よりフリーとなり「空飛ぶタイヤ」 「映画 少年たち」「居眠り磐音」など多ジャンルの公開作品が続いている。

本木 克英

映画監督

講演・セミナー・講師紹介のご相談はこちら

主な監督作品

  • 「超高速!参勤交代」(2014年)
  • 「超高速!参勤交代リターンズ」 (2016年)
  • 「空飛ぶタイヤ」(2018年)
  • 「映画 少年たち」(2019年)
  • 「居眠り磐音」(2019年)
  • 「大コメ騒動」(2021年 初春公開予定)

講演テーマ

  • 「映画監督の仕事」
  • 「映画作りの楽しみ」

受賞歴

  • 第57回ブルーリボン賞作品賞「超高速!参勤交代」
  • 第38回日本アカデミー賞優秀監督賞「超高速!参勤交代」
  • 第42回日本アカデミー賞優秀監督賞「空飛ぶタイヤ」
講演・セミナー・講師紹介のご相談はこちら